Watson Yasuko先生へのインタビュー

カナダ留学のメリット

dsc00079留学すると、会話も考える間もなく、答えなければならないので、反応が速くないと、言いたいことが言えません。だからこそ、急成長ができるのです。
自分の気持ちを表現したり、伝えたり、内面を表現する言葉は、学校では習わず、でてこないわけです。それをリアル留学で、痛感し、勉強するのです。コミュニケーションの実践など、英語の授業でならわないことが沢山あります。

留学を通じて、コミュニケーション力、交渉力など、日本の英語教育では出て来ない大切な英語力を身に付けることができます。

もちろん、伝えたいと思ったら、完璧な英語でなくても伝わります。しかし、その辺りがランクアップしていきます。

そして、自分から積極的に声をかけたり、アクティブリスニングや会話が重要です。来てもらう迄、外国人からのアクションを待っていると来ません。だから、一歩ふ踏み出してみて、話しかけてみる、 声をかけてみてください。

と言う訳で、日本のスクールでいつも生徒さんに伝えていたことが、「ああ、こういうことだったんだな」と現地へ行くと実感してもらえたようです。

留学前のサマースクールプログラムのメリットはいかがでしょうか?

dsc01293サマースクールの期間は2週間です。今回は、留学を前提とする生徒さん中学生3名、高校性1名が参加しました。

現在、高校1年の女子が9月より、留学し、頑張って結果を出し、奨学金をもらっています。頑張れば、奨学金も狙えるんですね。
はじめは、それぞれ慣れない環境に戸惑いがあったり、大変だった様でした。しかし、すぐに慣れ、勉強や生活、仲間など、楽しめるようになったそうです。そして、実際の留学への決意も固まり、自分の英語力のレベルを把握でき、心の準備ができたと大変満足していました。康子先生は、それぞれの通う学校を訪問し、子供達が困っていることはないかまわったそうです。留学を考えている生徒さんが、サマースクールに参加すると、長期留学の疑似体験ができます。

カナダ留学(サマースクール)の体験談

  • カナダの環境がどのようなものか、色々リアルにみれた。
  • カナダは、移民の国だから、コンプレックスや差別も無く気持ちも楽。
  • カナダの学校は、少人数制だから先生と、密に接することができる。
  • 不便な事は何なのかを、把握できたので対応や対策ができる。よかった。
  • 英会話の勉強が、夏休みだけでは足りないことに気づいた!
  • 他国の生徒が日本の私たちよりももっと、将来に真剣にむきあっていることに、驚いた。
  • もっと英語を学び、どうして留学したいのか、目的をもっていきたいと気づいた。
  • カナダ(アメリカ)は、環境的にスペースがあり、何でも広〜い。ビックなスペースに心もゆとりができた。
  • カナダは色々なところに緑、グリーンが満ちあふれており、日本にはない素晴らしいグリーンな自然環境。
  • ちっぽけなことで悩まなくなった。小さなことで悩まなくなった。

アメリカは、高校の時から専門分野への教育に力を入れている。

学校の一例

学校の一例

カナダでは、日本と違い高校2年から大学や専門学校を見据えて選択教科を取得していくシステムになっています。
例えば日本のように、理科なら、(科学、生物、物理)など、社会なら(日本史、世界史、地理)位ですが、アメリカでは、数多くの種類の専門選択科目あり、3年間で単位をとらないといけないシステムになっています。
必須科目、英語(母国語)、外国語、社会、数学です。 これらの専門選択科目を取得していないと、大学に進学しても入りたい学部にいけない事例があります。

アメリカは、日本と違い、各専門分野を特化している教育!

dsc00230日本で留学前から、私達に相談すると、進むべき最適な学校、学科、コース、進学などの情報提供をし、計画をたてることが可能です。留学しながら、日本へ帰国し、院を目指す方もいます。中学や高校からしっかりその情報を知っていると、後で後悔しなくて済む訳です。

日本は急速なグローバル化で、語学力のある人材は貴重な存在。就職に有利!

日本のここ数年の急速なグローバル化に伴い、中学生、高校生、大学生(専門他)の英語力は年々上がり、英語力は必須の時代です。「英語以外に何語が話せますか?」という時代になっているんです。

英語(多国語)+専門分野の時代 就活で勝ち抜ける!

dsc01649また、他国文化を知っている人材は非常にビジネスでも強みになります。

大学受験でも日本の高校性全体の英語力が凄い勢いで成長しているので、予想以上に、競争は厳しい状況となってきています。特に、グローバル教育や、英語に力を入れている私立が多いため、県立や都立の生徒さんは、高校2年から焦って勉強しても大きく格差が出てしまい英語に苦しむ生徒さんが多いのです。

他の教科では、確実に合格ラインを継続してきたのに、英語で志望校に落ちまくってしまったという実例も沢山あります。甘く予測していると、英語合格点は、年々ハードルが高くなっているのです。

そういう意味では幼い頃からの、積み重ねが大事になってきます。また、合格したものの、大学や会社に入ってからも、不足している英語力で苦しんでいる生徒さんも多いようです。

将来の方向性がはっきり決まらない生徒さんはいかがでしょうか?

dsc01401私自身、高校の時など全然英語ができなかった位ですから、高校卒業してからでもそこから、選択科目をとればいいので、いつからでも道はいくらでもあると思います。しかし、将来の目的が漠然としているよりは、ある程度の夢を定めておいた方が遠回りしなくて済みますね。

他留学相談、英会話スクール、エージェンシーに負けないところは?

fotolia_104277699留学先のエリアの学校以外の様々な紹介をしてあげることが大切です。バンクーバーを、隅々まで詳しくないと、大切なアドバイスができないし、学校には、様々な特色があります。お任せ状態の会社やスクールに依頼すると、知らない場所なのに紹介するエージェントも多いようです。英語力に不安を感じる生徒さんには、通常レッスンはもちろんのこと、留学前の強化レッスンや、フォローアップレッスンを行っております。
オーロラは家族的な感じで、日本とカナダで事務所をかかえているのでご安心ください。スカイプやメールなどでサポートできるし、デニス先生がいるのでフォローでき、教育委員会へもリアルタイムで24時間サポート対応できる体制でおります。

留学してみてわかる日本の素晴らしさ

dsc00280外国で不便な経験をすることで、日本の素晴らしいことをリアルタイムで実感します。そして、日本を知るには、海外へ出て日本をみることが大事だと思います。日本では、当たり前であったことが海外では、違う経験をします。海外に出てみて、はじめてわかる自国の良さ。

逆に、カナダや北米では多民族国家なので、普段の生活で当たり前な事が、日本ではそうではなくて、それもまた新しい発見になるでしょう。「ここの国はこのようなものなんだな」と知っていて、話しますと理解が全然違ってきます。どういう環境で育って来ているかを知ることで、コミュニケーションの達人になれるのです!

まずはお気軽にお電話またはフォームにてお問い合わせください。

toiレッスン中、面談中はお電話にでることができない時間がございます。後ほど折り返しいたしますので、メッセージをお残しください。
※本サイトの画像、原稿内容など全て転載、コピーを禁止いたします。